和風ファンタジー(古代・日本神話)

2018年10月 8日 (月)

ヤトノカミ衣裳デザイン用デフォルメ画

和風ファンタジー小説「花咲く夜に君の名を呼ぶ」の登場キャラクター「ヤトノカミ(夜刀神)」の衣裳(と言うかキャラクター自体の)デザイン用に描いたデフォルメ画です。
Photo_2
 
(この小説のキャラクターというか、元々は常陸国風土記に出て来る神様ですが…。)
 
常陸国風土記では夜刀神が「たくさんいた」というような記述があるのですが、小説ではヤトノカミ自体は一柱の神様で、その眷属である神使の白蛇が「たくさんいる」設定にアレンジしています。
 
(なので、デフォルメ・キャラの腕にも白蛇さんを絡みつかせています。)
 
衣裳は古代の埴輪の衣裳のアレンジ+日本神話の神様っぽく、ゆったりした上着&倭文模様の帯でデザインしています。
 
それと、小説独自の設定として、大刀が深く関わってくるため、その大刀と共通したデザインとして龍の模様と紅琉璃の頸飾りを取り入れています。
 
イケメンを描くのは苦手なので、男性キャラはデフォルメ・イラストしかありません……。

2018年9月 9日 (日)

花夜(大人Ver)・旧設定イメージラフ

小説サイト「言ノ葉ノ森」に掲載している和風ファンタジー小説「花咲く夜に君の名を呼ぶ」ヒロイン花夜の設定をふくらませるために描いたイメージ・ラフスケッチです。
Heroinekaya
 
小説を読了された方ならお分かりいただける終盤の例のイメージです。
 
髪型等は現在の設定と異なります。
 
あくまでイメージをふくらませる用で、花の資料を見ずアバウトに描いているので、挿頭花比礼などはあまりちゃんと描いていません…。

2018年9月 3日 (月)

水波女神・設定用イメージラフ

オリジナルWeb小説サイト「言ノ葉ノ森」に掲載している和風ファンタジー小説「花咲く夜に君の名を呼ぶ」の登場人物(←人というか女神ですが…)・水波女神(ミヅハノメノカミ。愛称:ミヅハ様)の設定用イメージ・ラフスケッチです。
Photo
 
 
古事記等にも出てくる水の女神を元にしたキャラクターですが、容姿等については全くのオリジナル…と言うか、実は実在の埴輪の衣裳を参考に描いています。
 
現在、群馬HANI-1グランプリ(2018年9月17日まで投票受付中。WEB投票は1日1票です。)にエントリーもされている(エントリーNo.9)三人童女」(高崎市観音山古墳から出土)がソレなのですが、自分は上野の博物館に展示されていたものを参考にキャラデザしたので、今回HANI-1グランプリにエントリーされている写真を見て「アッレェ~?この埴輪って、こんなんだったっけ?」という感じになっています。
 
(頭部の造りなどが若干違ってきているような……)
 
参考にした部分は主に胸元のちょうちょ結びの紐と、頭部の形状です。
 
頭部については「これ、デフォルメとかじゃなくてリアルに全部髪の毛で表現しようとしたらどうなるんかな…」と大胆に解釈してみました。
 
(上野の博物館に展示してあったものは、帽子のつばみたいな部分が前後でつながっていたのです。群馬の方の写真だと切れているように見えるのですが…。あと、モミアゲが長いのは埴輪には無いオリジナル表現です。)
 
衣裳は、水の女神ということで、澄んだ水のようなシースルーのヒラヒラ・ワンピの上に、透けていない水色の布をインドのサリー状に巻きつけている、というデザインです。
 
さらに水の女神らしく、アクセサリー類は水の珠をイメージした虹色の丸玉です。
 
初期設定では、幼女の外見に合わせて性格も無邪気な幼女だったので、デフォルメ画にはその辺りの設定が影響しています。
Photo_2
 

2018年8月 7日 (火)

花夜・旧設定イメージラフ

オリジナルWeb小説サイト「言ノ葉ノ森」に掲載している和風ファンタジー小説「花咲く夜に君の名を呼ぶ」のヒロイン・花夜(かや)の初期の頃の設定用ラフスケッチです。
Photo
 
Photo_2
 
現在の設定とは髪型や衣裳などが若干(と言うか、結構)異なります。
 
旧設定も、最新設定も、どちらにせよ古代日本の衣裳をそこはかとなく参考にして描いてはいるのですが…。
 
現在の設定では、ヒロイン・花夜が“東国の巫女”という設定を重視し、東国の巫女の姿を表しているという実在の埴輪の衣裳を参考にコスチューム・デザインをしています。
 
旧設定の方はどちらかと言うと巫女ではなく一般女性風の衣裳になっています。
 
まぁ、古代の衣裳そのままでは“ファンタジー”的に面白くないので、かなりいろいろアレンジしてはいますが…。
 
(裳(=古代のプリーツ付き巻きスカート)ミニ丈になっていたり、足結の紐でルーズソックス風に見せたりetc…)

2018年7月25日 (水)

鳥羽・設定用イメージラフ&おまけの采女衣裳設定画

オリジナルWEB小説サイト「言ノ葉ノ森」に掲載している和風ファンタジー小説「花咲く夜に君の名を呼ぶ」の登場人物・鳥羽(とわ)設定用イメージ・ラフスケッチです。
Photo
 
ヒロイン・花夜(かや)の母親で、亡国の鳥神の巫女という設定ですので、鳥をイメージした衣裳を着ています。
 
物語中では鳥羽の巫女衣裳を「天の羽衣(アメのハネギヌ)」と呼んでいますが、これは「天の羽衣(アマのハゴロモ)」を元ネタにしたオリジナル設定で、デザインもオリジナルのものです。
 
腰には後に娘・花夜に託すことになる五鈴鏡(古代東国の巫女の証)をつけています。
 
ちなみにこれだと衣裳の全体像がイマイチ分からないため、デフォルメ・キャラで全身を分かりやすくしたものがこちらです。
Photo_2  
 
隣には、ついでに「采女」の衣裳も描いています。
 
ベスト風の衣に描いてあるウロコっぽい模様が、作中でも描写している「青海波(せいがいは)」の模様です。
 
(ちなみに、こういったデフォルメはキャラクター・デザイン的に分かりやすいので、他のキャラでも描いています。そのうち載せていきたいと思います。)

2018年7月 6日 (金)

「花咲く夜に君の名を呼ぶ」設定資料イラスト2

自作小説サイト「言ノ葉ノ森」に載せている和風ファンタジー小説「花咲く夜に君の名を呼ぶ」設定資料用に描いたイラストの第2弾です。
Wafuufantasysettei2
小説用に調べた資料の内容を図やイラストにまとめることで、ヒロインのイメージをふくらませています。
 
(他人に見せることを想定しないで書いているので説明の字は汚いです…。)
 
今回のこのイラストは、髪型衣裳も小説の設定としては全く採用されなかったバージョンですが…(^-^;
 
ちなみに一応、上の資料イラストからヒロイン(幼少期)のキャラクター・デザイン試行錯誤もしています。
 
Wafuufantasyheroinesettei1
(これも結局小説の設定としては採用しなかったものですが…。)
 
この頃描いた資料用イラストは、ヒロインの性格設定も決まっていなかったため、どちらかと言うと明るい表情が多いです。
 

2018年6月15日 (金)

雲箇・設定用イメージラフ

オリジナルWeb小説サイト「言ノ葉ノ森」に掲載している和風ファンタジー小説「花咲く夜に君の名を呼ぶ」の登場人物・雲箇(うるか)の設定用イメージ・ラフスケッチです。

Yaotomemikouruka

雲箇はヒロイン・花夜(かや)と敵対する巫女八乙女と呼ばれる巫女集団の一人)で大国の有力氏族の姫という設定ですので、プライドの高そうな感じ、凛としつつも冷たい感じをイメージして描いています。

それと、小国の姫である花夜に比べて、文化的にも進んだ大国の姫なので、ファッションも花夜のものより時代が先のものを参考に描いています。

(ちなみに物語前半と後半とでは地位が変わるため、衣裳も微妙にマイナー・チェンジします。基本形は変わらず、付属品が増えるだけですが。上のラフスケッチは後半の衣裳です。)

ファッションや小物について、資料で調べて内容も書き込んでいますが、漢字を書くのが面倒くさかったのか、ルビだけで済ませている部分もありますね…。

(設定用イラストって、自分の場合、基本、本人が見るためだけに描いているので、だいたいこんなものです…。)

ちなみに「雲箇」のネーミングは古代の地名から取っています。

フルネームは葦立雲箇(あだちのうるか)ですが、葦立は「足立」で、足立区と北足立郡(埼玉)から取っています。

物語後半の舞台が武蔵国(東京・埼玉)がモデルの場所ですからね…。

(クライマックスのメインは、さいたま市(がモデル)。物語前半は茨城→千葉(がモデル)。途中山梨もちょこっと出て来ます。地名・地形好きなので、出て来る地名(←物語中では漢字表記を変えたりしてもじってありますが。)や小ネタは結構マニアック…。)

2018年5月20日 (日)

「花咲く夜に君の名を呼ぶ」設定資料イラスト1

 
Wafuufantasynovelsettei1
 
ただ単にヒロインのイメージ・ラフを描いているというだけでなく、調べた資料の内容なども一緒にまとめてあります。
 
(他人に見せることを想定しないで書いているので字は汚いです…。)
 
日本神話モチーフで古代日本風の世界が舞台ということで、かなり様々な資料を調べたので、この小説用にはこの手の設定資料イラストが他にもいくつかあります。
 
(そちらもそのうち載せていきたいと思います。中には時間が無くて描き殴ったようなラクガキもありますが…)
 
中心にいる少女は小説のヒロイン「花夜(かや)」の、イメージがまだちゃんと固まる前のイメージ・ラフです。
 
髪型や服の細部などは、その後ビミョウに変化していきます。
 
無料ブログはココログ
2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31