花咲く夜に君の名を呼ぶ・設定イラスト

2019年1月30日 (水)

花夜・設定用ラフスケッチ

ウェブ小説サイト「言ノ葉ノ森」に載せている和風ファンタジー小説「花咲く夜に君の名を呼ぶ」のヒロイン・花夜のキャラクター・デザインアイディア・スケッチです。
 
Wafuufantasyheroine
 
髪型も表情も、決定稿にほぼ近いラフスケッチになっています。
 
花夜は当初は天真爛漫で明るく無邪気お姫様、という設定でしたが、別小説「夢の降る島」のヒロイン・ラウラが全く同じ性格設定だったため、カブらないようにするため性格を真面目で一生懸命な「けなげ」系に変更し、物語自体もシリアス寄りに変更した、という経緯があります。

2018年12月14日 (金)

泊瀬親王(ハツセノミコ)アイディア・スケッチ(デフォルメ)

ネット小説サイト「言ノ葉ノ森」に載せている和風ファンタジー小説「花咲く夜に君の名を呼ぶ」の登場人物「泊瀬親王」のキャラクター・デザインラフスケッチです。
 
Hatsusenomiko
 
これはまだアイディアを練っている段階でのラフ・スケッチですので、最終案ではありません。
 
(最終案では、髪を縛る位置もっと高めに考えています。)
 
泊瀬の衣裳は、本来なら親王としてのきちんとした衣裳なのに、それを袖をくくったり裾をまくり上げたりして着崩しているイメージです。
 
(彼の兄も別の意味で衣裳を着崩していますので、わりと似たもの兄弟なのかも知れません。)
 

2018年12月 4日 (火)

花夜・髪型案いろいろ

オンライン小説サイト「言ノ葉ノ森」に載せている和風ファンタジー小説「花咲く夜に君の名を呼ぶ」ヒロイン花夜キャラクター・デザインアイディア・スケッチです。
 
Kayakamigata1
 
Kayahairstyle
 
これら全て、髪型をどうするか試行錯誤した後です…。
 
みずら」をイメージして輪っか状に髪を結んだものが多いですが、結う位置などもいろいろ試行錯誤した後があります…。
 
髪型を決めるためだけのアイディア・スケッチなので、頭部のみで、しかも描くのが面倒になってきたのか、顔がだんだん適当になっていったりもしています…。

2018年10月18日 (木)

花夜・アイディアスケッチいろいろ

ファンタジー小説サイト「言ノ葉ノ森」に掲載している和風ファンタジー小説「花咲く夜に君の名を呼ぶ」のヒロイン・花夜(かや)のアイディア・スケッチです。
 
本決まりの設定になるまで、髪型やら衣裳の細部やらが二転三転しています…。
 
Photo
 
Photo_2
 
上の2つは、衣裳モデルにした埴輪の髪型を(できるだけ)忠実に再現したパターンです。
 
はにわ頭頂部のリボンっぽい部分を「ちょうちょ結びの髪紐」と解釈するか「髪の毛をマゲに結ったもの」と解釈するかによって2つのパターンに分かれています。
 
 
これは、いっそのこと「おだんごヘアー」にしてみたもの。
Photo_3

2018年10月 8日 (月)

ヤトノカミ衣裳デザイン用デフォルメ画

和風ファンタジー小説「花咲く夜に君の名を呼ぶ」の登場キャラクター「ヤトノカミ(夜刀神)」の衣裳(と言うかキャラクター自体の)デザイン用に描いたデフォルメ画です。
Photo_2
 
(この小説のキャラクターというか、元々は常陸国風土記に出て来る神様ですが…。)
 
常陸国風土記では夜刀神が「たくさんいた」というような記述があるのですが、小説ではヤトノカミ自体は一柱の神様で、その眷属である神使の白蛇が「たくさんいる」設定にアレンジしています。
 
(なので、デフォルメ・キャラの腕にも白蛇さんを絡みつかせています。)
 
衣裳は古代の埴輪の衣裳のアレンジ+日本神話の神様っぽく、ゆったりした上着&倭文模様の帯でデザインしています。
 
それと、小説独自の設定として、大刀が深く関わってくるため、その大刀と共通したデザインとして龍の模様と紅琉璃の頸飾りを取り入れています。
 
イケメンを描くのは苦手なので、男性キャラはデフォルメ・イラストしかありません……。

2018年9月 9日 (日)

花夜(大人Ver)・旧設定イメージラフ

小説サイト「言ノ葉ノ森」に掲載している和風ファンタジー小説「花咲く夜に君の名を呼ぶ」ヒロイン花夜の設定をふくらませるために描いたイメージ・ラフスケッチです。
Heroinekaya
 
小説を読了された方ならお分かりいただける終盤の例のイメージです。
 
髪型等は現在の設定と異なります。
 
あくまでイメージをふくらませる用で、花の資料を見ずアバウトに描いているので、挿頭花比礼などはあまりちゃんと描いていません…。

2018年9月 3日 (月)

水波女神・設定用イメージラフ

オリジナルWeb小説サイト「言ノ葉ノ森」に掲載している和風ファンタジー小説「花咲く夜に君の名を呼ぶ」の登場人物(←人というか女神ですが…)・水波女神(ミヅハノメノカミ。愛称:ミヅハ様)の設定用イメージ・ラフスケッチです。
Photo
 
 
古事記等にも出てくる水の女神を元にしたキャラクターですが、容姿等については全くのオリジナル…と言うか、実は実在の埴輪の衣裳を参考に描いています。
 
現在、群馬HANI-1グランプリ(2018年9月17日まで投票受付中。WEB投票は1日1票です。)にエントリーもされている(エントリーNo.9)三人童女」(高崎市観音山古墳から出土)がソレなのですが、自分は上野の博物館に展示されていたものを参考にキャラデザしたので、今回HANI-1グランプリにエントリーされている写真を見て「アッレェ~?この埴輪って、こんなんだったっけ?」という感じになっています。
 
(頭部の造りなどが若干違ってきているような……)
 
参考にした部分は主に胸元のちょうちょ結びの紐と、頭部の形状です。
 
頭部については「これ、デフォルメとかじゃなくてリアルに全部髪の毛で表現しようとしたらどうなるんかな…」と大胆に解釈してみました。
 
(上野の博物館に展示してあったものは、帽子のつばみたいな部分が前後でつながっていたのです。群馬の方の写真だと切れているように見えるのですが…。あと、モミアゲが長いのは埴輪には無いオリジナル表現です。)
 
衣裳は、水の女神ということで、澄んだ水のようなシースルーのヒラヒラ・ワンピの上に、透けていない水色の布をインドのサリー状に巻きつけている、というデザインです。
 
さらに水の女神らしく、アクセサリー類は水の珠をイメージした虹色の丸玉です。
 
初期設定では、幼女の外見に合わせて性格も無邪気な幼女だったので、デフォルメ画にはその辺りの設定が影響しています。
Photo_2
 

2018年8月 7日 (火)

花夜・旧設定イメージラフ

オリジナルWeb小説サイト「言ノ葉ノ森」に掲載している和風ファンタジー小説「花咲く夜に君の名を呼ぶ」のヒロイン・花夜(かや)の初期の頃の設定用ラフスケッチです。
Photo
 
Photo_2
 
現在の設定とは髪型や衣裳などが若干(と言うか、結構)異なります。
 
旧設定も、最新設定も、どちらにせよ古代日本の衣裳をそこはかとなく参考にして描いてはいるのですが…。
 
現在の設定では、ヒロイン・花夜が“東国の巫女”という設定を重視し、東国の巫女の姿を表しているという実在の埴輪の衣裳を参考にコスチューム・デザインをしています。
 
旧設定の方はどちらかと言うと巫女ではなく一般女性風の衣裳になっています。
 
まぁ、古代の衣裳そのままでは“ファンタジー”的に面白くないので、かなりいろいろアレンジしてはいますが…。
 
(裳(=古代のプリーツ付き巻きスカート)ミニ丈になっていたり、足結の紐でルーズソックス風に見せたりetc…)

2018年7月25日 (水)

鳥羽・設定用イメージラフ&おまけの采女衣裳設定画

オリジナルWEB小説サイト「言ノ葉ノ森」に掲載している和風ファンタジー小説「花咲く夜に君の名を呼ぶ」の登場人物・鳥羽(とわ)設定用イメージ・ラフスケッチです。
Photo
 
ヒロイン・花夜(かや)の母親で、亡国の鳥神の巫女という設定ですので、鳥をイメージした衣裳を着ています。
 
物語中では鳥羽の巫女衣裳を「天の羽衣(アメのハネギヌ)」と呼んでいますが、これは「天の羽衣(アマのハゴロモ)」を元ネタにしたオリジナル設定で、デザインもオリジナルのものです。
 
腰には後に娘・花夜に託すことになる五鈴鏡(古代東国の巫女の証)をつけています。
 
ちなみにこれだと衣裳の全体像がイマイチ分からないため、デフォルメ・キャラで全身を分かりやすくしたものがこちらです。
Photo_2  
 
隣には、ついでに「采女」の衣裳も描いています。
 
ベスト風の衣に描いてあるウロコっぽい模様が、作中でも描写している「青海波(せいがいは)」の模様です。
 
(ちなみに、こういったデフォルメはキャラクター・デザイン的に分かりやすいので、他のキャラでも描いています。そのうち載せていきたいと思います。)

2018年7月 6日 (金)

「花咲く夜に君の名を呼ぶ」設定資料イラスト2

自作小説サイト「言ノ葉ノ森」に載せている和風ファンタジー小説「花咲く夜に君の名を呼ぶ」設定資料用に描いたイラストの第2弾です。
Wafuufantasysettei2
小説用に調べた資料の内容を図やイラストにまとめることで、ヒロインのイメージをふくらませています。
 
(他人に見せることを想定しないで書いているので説明の字は汚いです…。)
 
今回のこのイラストは、髪型衣裳も小説の設定としては全く採用されなかったバージョンですが…(^-^;
 
ちなみに一応、上の資料イラストからヒロイン(幼少期)のキャラクター・デザイン試行錯誤もしています。
 
Wafuufantasyheroinesettei1
(これも結局小説の設定としては採用しなかったものですが…。)
 
この頃描いた資料用イラストは、ヒロインの性格設定も決まっていなかったため、どちらかと言うと明るい表情が多いです。
 

より以前の記事一覧

無料ブログはココログ
2019年2月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28