設定イラスト

2019年5月13日 (月)

夢見の島の眠れる女神・電子書籍版下巻ラフスケッチ

電子書籍版の「夢見の島の眠れる女神」下巻の表紙用のラフスケッチです。

Lauragoddesssketch

構図衣裳デザインを練るためのラフですので、思いきりムダな線が多いです。

でも、実際表紙にしたモノより、こっちの方が表情がラウラっぽくて気に入っています。

「ラフの方がイキイキした絵が描ける」って「あるある」らしいですけど、確かに…。

描き直すと、どうしても「全く同じモノ」にはならなくて困ります…💧

2019年5月 2日 (木)

カナサヒコ&マタチ|デフォルメ画

和風ファンタジー小説「花咲く夜に君の名を呼ぶ」に登場するオリジナル神「鉄砂比古(カナサヒコ)」と、鍛冶職人の少年「真大刀(マタチ)」の、キャラクター設定用に描いたデフォルメ画です。

Yamazunomatachikanasahiko

イケメンは描けないのでデフォルメキャラになってしまいます…。)
 
「鉄砂比古」は「鉄砂郷」の鎮守神で鍛冶の神ということになっていますが、うっすら日本神話の「天目一箇神(アマノマヒトツノカミ/天目一命(アメノマヒトツノミコト)」(古事記では「天津麻羅(アマツマラ)」)をモデルにしています。

この神は金工・鍛冶の神なのですが、その名の表す通り“独眼”で、妖怪「一つ目小僧」のルーツだとも言われています。

鍛冶に関わる神隻眼だったり、片足が不自由だったりすることが多いのですが、

この理由については、片目と片足が悪くなっていくのが職業病である“タタラ吹き”(←古代からの製鉄法)との関連性を推す説や、神に生贄として捧げられる人や動物の目を片方潰したり片足を折ったりして逃げられなくし、この人や動物を崇めていた習俗によるとする説(←柳田国男さんの説)など諸説があります。

(ちなみに日本神話のみならず、鍛冶神であるとも言われている北欧神話の主神・オーディンも隻眼ですし、ギリシャ神話の鍛冶の神ヘファイストスは「いとも名高き足の悪い人」と呼ばれ片足の萎えた神として描かれています。)

そんなこんなで、「鉄砂比古」も隻眼で、片足が悪く、杖をついて歩く男神という設定になっています。

(鍛冶の神についてのアレコレは、小説サイトの方でも蛇足な雑学コラムとしてまとめてあります。)

ちなみに衣裳は実在の埴輪(確か「ひざまづく男子」とか言う、真ん中分けの男性埴輪)を参考にしています。

実物の埴輪には「みずら」は付いていないのですが、たぶん付いていたんじゃないかという想像で補っています。

(神様という高貴な身分なのに、労働者階級の髪型と言われている「上げみずら」なのは、“鍛冶”という労働を司る神様だからです。)

真大刀は衣裳を描くのが面倒臭かったので、顔だけ…

一応「みずら」を付けて描いていますが、実際にみずらを付けるかどうかは、ちょっと本人もまだ迷っています…。

(ちなみに「真大刀」は「常陸国風土記」の「夜刀神」の伝承の登場人物「ヤハズノマタチ」をベースに創ったキャラクターです。)

2019年3月31日 (日)

カリュオン・カリヨン設定用ラフスケッチ

ファンタジー小説サイト「言ノ葉ノ森」に掲載している児童文学ファンタジー小説「夢の降る島」に登場する、黄金紅葉の郷の少年カリュオン・カリヨンのイメージふくらまし用アイディア・スケッチです。

 

 

 

Childfashionboy

 

 

 

 

 

物語の中では、同じ年頃の少年が4人登場しますが、カリュオンはその中で一番年下で、精神年齢的にも一番幼いイメージで書いています。
 
マリアン・カリヨン、ミリアン・カリヨン、リリアン・カリヨンという名の姉が3人いて、末っ子のカリュオンは幼い頃から姉たちのオモチャにされていたという設定が密かにあります。
 
(「夢の降る島」シリーズの続きを書くことがあったら、その辺りの話も出て来るかも知れません。)
 
姉の一人が服飾関係なので、おそらくいつも姉のデザインした子ども服を「子ども用じゃないわよ!あなたの年齢でも充分着られる服よ!」とダマされて着せられていると思われます。
 
ちなみに彼の友人のリモン・リモートは普段着がジャージ、ビルネ・ビネガーはシャツにスラックスにカーディガン(もしくはニットのベスト)のようなオーソドックスな服装…というイメージです。
 
まぁ、挿絵を入れることがないので衣装を考えたところで意味は無いのですが…。

 

2019年3月10日 (日)

ラクガキ|ミヅハノメ(大人バージョン)設定用ラフスケッチ

ファンタジー小説サイト「言ノ葉ノ森」に掲載している和風ファンタジー小説「花咲く夜に君の名を呼ぶ」に登場する水の女神ミヅハノメ」の設定用アイディア・スケッチです。
 
Adultmiduha
 
幼女版と髪型・衣装は全く同じなのですが、等身は伸び、顔も大人の女性に変化しています。
 
ミヅハノメは古事記にも登場する水の女神で「みつはのめ」とも書きます。
 
ネット情報では君の名は。」のヒロイン「三葉」の名前の由来でもあるとか。
 
(ネット情報ですので、正確なところは分かりません。単にファンの推察、ということかも知れませんし…。)
 
(ちなみに同じくネット情報では「君の名は。」の主人公・瀧くんは「タギツヒコ」という神から来ているという説も出ていたのですが、そちらも「花咲く夜…」に登場するんですよね…。中ボスとしてですけど…。)
 
「花咲く夜…」で「ミヅハ」と濁った音にしているのは「水波」の字を当てたかったからです。
 
漢字については「水走」で「ミヅハ」あるいは「ミツハ」という説もあるのですが、「水波」の方が、いかにも「水の女神様」という感じがするので…。

2019年3月 6日 (水)

ラクガキ|ミヅハノメ(幼女版)初期設定ラフスケッチ

ファンタジー小説サイト「言ノ葉ノ森」に掲載している和風ファンタジー小説「花咲く夜に君の名を呼ぶ」に登場する水の女神ミヅハノメ」の設定用アイディア・スケッチです。
 
Miduhasketch
 
実際の物語では、「見た目は幼女でも中身はしっかり大人で、冷静沈着な性格」に描いていますが、初期の段階では「中身も無邪気な幼女」という案があったため、こういう明るい表情のラクガキになっています。
 
髪型も最初の頃は悩んでいろいろな案をラクガキしています。
 
下段・右側はそんな案のうちの1つなのですが…何となくセーラー〇ーンっぽくなってしまっていますね…。
 
ちなみに額中央に挿してある半円形の物体はです。
 
上段の女性はミヅハノメではなく、単に古代女性髪形を絵に起こしてみたものです。
 
「モブキャラの女性とかは、こんな感じなのかな~」というイメージで…。

2019年2月28日 (木)

ラクガキ|黒髪に銀メッシュ&ゴスロリ衣装の少女

本来なら「ブラックホール・プリンセス」の世界に登場するはずだった少女の設定ラフスケッチです。
Melvina1
 
 
Melvinasilvain_2 
Melvina2_2
 
黒髪に、2房の銀髪メッシュが入っているのと、ゴスロリ系の衣装がポイントです。
 
性格が明るく元気そうなものから、おとなしそうなものまで、いくつかパターンを描いてみています。
 
物語自体の設定が大幅に変わってしまった上、ゴスロリっぽい服の設定も、キメラを愛でるマッド・サイエンティスト設定も、赤ずきん姫・リィサに流れてしまいましたので、今後登場する可能性が薄くなりました…。
 
ただ、元の設定だと、彼女は後に「若くして不幸に襲われ、それにより主人公が転機を迎える…」みたいなことになっていたので、登場しない方が良かったのかも知れません…。

2019年1月24日 (木)

イラスト|リンネル中華風(?)コスチューム

SSブログの方にプロローグだけ載せているファンタジー戦記小説「シャークスキン王国奪還記(仮)」ヒロインリンネルのラクガキです。
 
Linnelchuuka
 
何となく中華風っぽい衣装が描いてみたくて描いただけで、実際の設定とは全く関係ありません。
 
(物語は全く中華風でも何でもない、むしろヨーロッパ風の物語です。)
 
学生時代に描いたものなので、実は模試テスト答案の裏にボールペン色鉛筆で描いたモノだったりします。
 

2019年1月18日 (金)

ラウラ現設定アイディアふくらまし用ラフスケッチ

児童文学風ファンタジー小説「夢見の島の眠れる女神」ヒロインラウラの、設定が固まるまでのアイディアふくらまし用ラフ・スケッチのうちの1つです。
 
Lauraideasketch
 
小説内の描写で、衣装が「縁に刺繍のあるローブ」なので、それをイメージして描いています。
 
もっとも、このローブの形だと、あまり「キャラごとの着こなしの違い」が出せないので、最終的にああいう形に変化したのですが…。
 
前髪のあたりに留められたの形のヘアピンや、柄の先に苺の飾りのついた銀の匙杖ふわふわしたくせっ毛などもこの時から既にありました。
 
そしてやはりオーバーニーソックス…。

2019年1月12日 (土)

イラスト|短剣使い・シャギー

以前SSブログプロローグだけ載せたファンタジー戦記もの「シャークスキン王国奪還記(仮)」の登場人物「シャギー」です。
 
Shaggy1
 
短剣ナイフ)等を投げて戦う他、魔法(たぶんこの小説では「魔法」という名称ではなく別のオリジナル名を付けることになると思いますが…)も得意というキャラです。
 
鎧をつけて戦うキャラのわりに、その下に着けたワンピースヒラヒラフリフリだったり、髪もふわふわウェーブ大きなリボンをつけていたりとガーリーな感じなのが特徴のキャラクターです。

2019年1月 6日 (日)

ラクガキ|ブラプリに今後登場する姫のドレス・デザイン

異世界召喚系ウェブ小説「ブラックホール・プリンセス」に今後登場する予定の王女衣裳設定ラフスケッチです。
 
Dragonprincesscostume
 
これは「まとめ髪」設定を採用した場合のドレス・デザインですね。
 
シンプル(?)なキャミソール風ワンピースの上に、オーバースカートやらマントやら部分鎧やらを足していくことによってゴージャスになっていく、という…。
 
こういう服の構造的なものを考えるのが、結構好きです。
 
モチーフはやはり「アマゾネス風」というか、「女戦士風」というイメージで考えています。
 
そして胸元には竜十字(ドラゴン・クロス)があります。
 
ドレス+鎧のデザインは、アニメ漫画で出尽くしている感があるので、あまりオリジナリティのあるデザインにはなりませんね…。難しいです。
無料ブログはココログ
2019年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31