« 2023年5月 | トップページ | 2023年7月 »

2023年6月

2023年6月25日 (日)

ラクガキ|機能性を全く考えていないロングドレス

昔「自分で考えたRPGアイテム」として設定していた「防具」のひとつ…

人魚姫のドレス」のラクガキです。

Mermaiddressgirl

(普通のノートに書いた昔のラクガキですので、消しきれない罫線が残ってしまっています…。)

正直、当時は「人魚の尾っぽいスカートデザイン」を意識するあまり、「機能性」のことを全く考えていません…。

このデザインだと、普通に脚がパツパツで動かせませんよね…。

2023年6月19日 (月)

ラクガキ|ツインテール+王冠型ヘアアクセ

昔描いたラクガキに色をつけてみたものです。

Crownhairacce

何かの小説のキャラというわけではなく…

何となく「クラウン型ヘアアクセサリーをつけた女の子キャラを描いてみたい」ということでデザインしてみたものです。

ツインテールの根元に2つのミニクラウンが付いているのがポイントです。

ヘアアクセと髪型のデザインがメインだったので、服はちょっと適当です…。

2023年6月15日 (木)

ラクガキ|小犬型ロボットペット「白兵衛」

小説投稿サイトアルファポリス」さんで連載しているファンタジー小説「囚われの姫は嫌なので、ちょっと暴走させてもらいます!~自作RPG転生~」に登場する小犬型ロボット白兵衛」の設定用ラフスケッチです。


Shirobeerobot

小さな犬の形の愛玩用ロボットということで、イメージはaib○なのですが…
 
「まんま」ではあんまりなので、独自のデザインを考えています。
 
最初はai○oと同じく「垂れ耳型」を考え、a○boや、それに似せたオモチャを参考にデザインしていたのですが(中央のラクガキ)…
 
そのうち「絵的に、耳が立っていた方がカワイイな!?」となったので、耳の立った「日本犬タイプ」に変えていきました。
 
最終的には1番下のラクガキが良いと思っていますが…
 
ロボット画はあまり描いたことがなく、ビミョウな部分も多いので、まだまだ試行錯誤の余地アリです。

2023年6月 9日 (金)

ラクガキ|ソフィステスの第一王女&第二王女

SSブログなどに載せている「宝玉九姫の生存遊戯」シリーズの舞台となる国の1つ、智の王国ソフィステスの第一王女&第二王女の設定ふくらまし用ラフスケッチです。

Sophistesprincess

設定を考えるための仮のラフスケッチですので、決定稿とは若干キャラデザが違うのですが…
 
ソフィステスは「水の宝玉」の守護国のため、アクセサリーに真珠など、デザインにのイメージを取り入れることが多いです。
 
左上の髪をまとめている少女が第一王女のソフィア・デイジー・トリリトン(仮名)。
  
右上と中央下は第二王女のソフィーダリア・トリリトンです。
 
(中央下はソフィステスの伝統装束という設定。11~12世紀頃のイギリスの女性衣装を元にデザインしています。)
 
第二王女ソフィーダリアは、シリーズの「双子の聖女は運命を入れ替える」に名前だけ登場します。
 
インドア派でコミュニケーションが苦手な地味系王女で、政略結婚を結ぶためにソフィステスに留学してきたリヒトシュライフェの第二王子ローレンツ(容姿は抜群に良いが、やはりコミュ力なし)と、じりじり恋を育んでいく…という設定です。
 
ソフィステス王家は今のところ、3人の王女と2人の王子という設定です。
 
本当はこのラフスケッチには、第三王女ソフィーローズも描いてあったのですが…
 
彼女は「双子の聖女…」の今後の重要キャラクターですので、本編で登場した後に設定画をUPしていきたいと思っています。

 


<関連ラクガキ>

ラクガキ|ルーカス王子&ローレンツ王子

2023年6月 3日 (土)

ラクガキ|神女(神官)衣装・国ごとの違い設定画

SSブログなどに載せている「宝玉九姫の生存遊戯」シリーズの舞台世界における設定画(仮)です。

Saintlobesister

(「宝玉九姫の生存遊戯」シリーズは、現在「片恋のシャーラ愛され聖女は片恋を厭う)」が完結済、「双子の聖女は運命を入れ替える」が連載中です。)
 
舞台となる大陸には9つの国があり、それぞれ文化が違っているのですが…
 
これは神殿や宝玉姫(聖女)に仕える神女神官)の衣装の「違い」を絵にしてみたものです。
 
(こういう違う文化ごとの「デザインの違い」を考えるのが大好きなのです。)
 
左側がリースト神聖国(仮名)、右側が炎の宝玉の守護国エンヨウの衣装になります。
 
リーストは聖職者が華美に気飾らず、質素に暮らすミニマリスト風の文化ですので、神官の衣装もシンプルです。
 
エンヨウはオリエンタルな雰囲気の国ですので、神女の衣装も東洋風です(エンヨウの神女は、アクセや着こなしなど、個人個人でアレンジしています)。
 
現在完結済&連載中の小説は「光の宝玉の守護国リヒトシュラフェ(カトラーナ)」が舞台なのですが…
 
そちらはあまり宗教色の濃くないお国柄のため、小説内に神官や神女がほとんど出て来ません…。
 
(なので、設定画も描いていません…。機会があったらデザインも考えてみたいところですが…。)

 



<関連ラクガキ>

・エンヨウの王妃衣装→ラクガキ|リリアーナ正妃姿

・リースト神聖国の神子姫(宝玉姫)衣装→ラクガキ|暗黒聖女リステラ神子姫衣装

« 2023年5月 | トップページ | 2023年7月 »

無料ブログはココログ
2024年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

ブログパーツ

  • おまとめボタン