« ラクガキ|ルーカス王子&ローレンツ王子 | トップページ | 落書資料メモ|中世フランス女性衣装(12~13世紀) »

2023年4月 1日 (土)

落書資料メモ|ベルギー王国民族衣装(未婚女性)

ヨーロッパの民族衣装」という本に載っていた女性の衣装を、自分で描き起こしてみた資料メモです。

Belgiumladydress2

今回は、ベルギー王国未婚女性衣装です。
 
ベルギーでは毎年7月に「オメガング」という祭が行われ、人々が中世の様々な職業に扮し、中世の有様を再現します。
 
(写真で見ると、複数の人間が「おそろい」の同じ衣装に身を包んでいるパターンが多いです。)
 
この衣装も、髪を垂らした少女たち数十人が、同じ衣装に身を包んでいました。
 
説明には「未婚女性の成長を願う花の刺繍の衣装」とあります。
 
(刺繍部分が上手く左右対称に描けませんでした…。)
 
ちなみにこの衣装、自キャラに着せてラクガキしているのですが…
 
今回の「中の人」は、アルファポリスさんに連載している異世界冒険小説「囚われの姫は嫌なので、ちょっと暴走させてもらいます!~自作RPG転生~」のアリーシャ・シェリーローズです。

 


西洋服飾史(ファッション・ヒストリー)ラクガキ資料メモ一覧

 

« ラクガキ|ルーカス王子&ローレンツ王子 | トップページ | 落書資料メモ|中世フランス女性衣装(12~13世紀) »

ファッション・アクセサリ」カテゴリの記事

イラスト・ラクガキ」カテゴリの記事

オリジナル・女の子」カテゴリの記事

西洋服飾史」カテゴリの記事

中世ヨーロッパ」カテゴリの記事

ドレス・衣装・ファッション」カテゴリの記事

無料ブログはココログ
2024年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

ブログパーツ

  • おまとめボタン