« 2023年3月 | トップページ | 2023年5月 »

2023年4月

2023年4月29日 (土)

イラスト|アリーシャ・プリンセスフォーマルスーツ(塗り直しVer)

小説投稿サイトアルファポリス」さんで連載しているファンタジー小説囚われの姫は嫌なので、ちょっと暴走させてもらいます!~自作RPG転生~」のヒロインアリーシャ・シェリーローズ」のラクガキです。

Princesssuitdress

以前UPした「ラクガキ|アリーシャ・プリンセスフォーマルスーツ(別カラーリングVer)」から、さらに色の塗り方を変えてみたものです。
 
襟もと・手首・ブーツの細リボンの色を、茶系に変更し、さらに背景にも色を塗ってみました。
 
アクセントでつけているレース模様は「ガーリーテイスト アンティーク素材集」に収録されているものです。

2023年4月23日 (日)

ラクガキ|エルフ娘ラピスアニータ(描き直しVer)

小説投稿サイトアルファポリス」さんで連載しているファンタジー小説囚われの姫は嫌なので、ちょっと暴走させてもらいます!~自作RPG転生~」第4部に登場する「エルフ娘3人組」の1人「ラピスアニータ・シノラズリ(ラニー)」のラクガキです。

Lapisanita2

服のデザインはだいたい決まったのですが、ちょっと顔が気に入らず(右)、描き直しました(左側)。

2023年4月19日 (水)

落書資料メモ|イタリア・サルデーニャ島の民族衣装(未婚女性)

ヨーロッパの民族衣装」という本に載っていた女性の衣装を、自分で描き起こしてみた資料メモです。

Italysardegnafasshion


 
今回は、イタリアサルデーニャ島未婚女性の衣装です。
 
サルデーニャ島の民族衣装は、コムーネ(市町村)ごとに異なり、その種類は3000を超えます。
 
紐で持ち上げてバストを豊かに見せるのは、母親になるに相応しい成熟した女性であることを表しているそうです。
 


西洋服飾史(ファッション・ヒストリー)ラクガキ資料メモ一覧

2023年4月13日 (木)

ラクガキ|アリーシャ「囚われの姫」スタイル・ドレス案2

小説投稿サイト「アルファポリス」さんで連載しているファンタジー小説「囚われの姫は嫌なので、ちょっと暴走させてもらいます!~自作RPG転生~」のヒロイン「アリーシャ・シェリーローズ」のラクガキです。

Alishamakaidress

第5部「新魔王と結婚なんて、お断り!」で、魔王城に囚われてしまった後の「囚われの姫」状態の衣装案その2です。
 
「新魔王の妃候補」として囚われたアリーシャが、魔王城で着せられたドレスという設定です。
 
今回も前回の「ドレス案1」と同じく、「シースルー」を使ったドレスなのですが…
 
今回の案は、より「魔界」らしく、「コウモリの羽」のようなモチーフをあちこちに取り入れています。
 
スカートは二重にし、下のスカートはマーメイドライン風に絞って「大人っぽく」しています。
 

2023年4月 7日 (金)

落書資料メモ|中世フランス女性衣装(12~13世紀)

Truth In Fantasy 53 コスチューム 中世衣裳カタログ」という本に載っていた女性の衣装を、自分で描き起こしてみた資料メモです。

1213cfrancewoman

今回は、12~13世紀フランス女性の衣装です。
 
頭には「トーク帽」と呼ばれる、円形の「つば無し帽」を被り、絹製の「ブリオー」と呼ばれる長袖付きのチュニックを身に着けています。
 
人物画では切れてしまったので(紙の配分を失敗しました…)、人物の左上に一部だけ描き直していますが…
 
カフス(袖口)は長く垂れていて、先端を結んでいます(これは13世紀に流行したスタイルだそうです)。
 
ローウェストにチェインベルトを巻いているのですが…
 
描いてみたら思ったよりも上に来てしまいました(もっと下にするつもりだったのですが…。これも配分の失敗です…)。
 
描きながら、何となく、風の谷のナ〇シカや天空の城ラピュ〇に出て来そうな服装だな…と思ったのですが…
 
あの時代のアニメって、結構しっかり中世ヨーロッパの風俗を参考にしているんですよね…。
 
西洋服飾史(ファッション・ヒストリー)ラクガキ資料メモ一覧

2023年4月 1日 (土)

落書資料メモ|ベルギー王国民族衣装(未婚女性)

ヨーロッパの民族衣装」という本に載っていた女性の衣装を、自分で描き起こしてみた資料メモです。

Belgiumladydress2

今回は、ベルギー王国未婚女性衣装です。
 
ベルギーでは毎年7月に「オメガング」という祭が行われ、人々が中世の様々な職業に扮し、中世の有様を再現します。
 
(写真で見ると、複数の人間が「おそろい」の同じ衣装に身を包んでいるパターンが多いです。)
 
この衣装も、髪を垂らした少女たち数十人が、同じ衣装に身を包んでいました。
 
説明には「未婚女性の成長を願う花の刺繍の衣装」とあります。
 
(刺繍部分が上手く左右対称に描けませんでした…。)
 
ちなみにこの衣装、自キャラに着せてラクガキしているのですが…
 
今回の「中の人」は、アルファポリスさんに連載している異世界冒険小説「囚われの姫は嫌なので、ちょっと暴走させてもらいます!~自作RPG転生~」のアリーシャ・シェリーローズです。

 


西洋服飾史(ファッション・ヒストリー)ラクガキ資料メモ一覧

 

« 2023年3月 | トップページ | 2023年5月 »

無料ブログはココログ
2024年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

ブログパーツ

  • おまとめボタン