« 2020年4月 | トップページ | 2020年6月 »

2020年5月

2020年5月31日 (日)

ラクガキ|ポニーテール少女

なんとなくポニーテール女の子が描きたくなって描いただけの絵です。

Ponnytailgirl


 
特に物語も設定も何も無い突発的なラクガキです。

一応ビミョウにファンタジーな設定っぽく、セーラーなのに部分鎧っぽい胸当てが付いていたりします。

2020年5月25日 (月)

設定ラクガキ「夢の降る島」2話目以降登場キャラ

児童文学風ファンタジー小説夢の降る島の2話目以降に登場するかも知れないキャラクターの設定ラフスケッチです。

Snowvillagegirl


 
ヒロインではありませんが、物語の重要なカギを握るキャラクターになる予定のキャラです。
 
雪深い地域出身のキャラのため、耳あてをして、何かとモコモコな格好をしているという設定です。
 
(「夢の降る島」は現在1話目「夢見の島の眠れる女神」までUP済み。1話1話が結構なボリュームのあるオムニバス形式です。)
 
2話目は主人公を変え、島を冒険して巡る物語になる予定で仮タイトルは「白地図上の未知なる道」。
 
(実はプロローグのみ既に「隠しページ」という形でUP済みですが、気づいていない方がほとんどかと思われます。)
 
ちなみに1話目は「夢」がモチーフで、一部(プロローグ・断章・エピローグ)を除いた全ての章タイトルに「夢」の一字が付いているのですが、2話目は「道」がモチーフで、全ての章タイトルに「道」の一字が付く…というアイディアを構想しています。

2020年5月19日 (火)

落書資料メモ|近世ヨーロッパ男性衣装(18世紀・貴族衣装)

ファッションの歴史」という本に載っていたヨーロッパ男性の衣装を自キャラに着せてラクガキしてみた資料メモです。

Europanobilityfasshion


 
(図書館で借りた本なので返さなければいけないわけですが、後学のために資料は取っておきたい――でもコピーするにはお金がかかる、ということで、ラクガキ帳に本に載っていた衣装をラフスケッチしていったモノの1つです。)
 
本に載っていたものをそのまま写すのではツマラナイので、自分の創ったキャラクターに衣装を着せてラクガキしています。
 
(ちなみに男性衣装ですが女性キャラをモデルに使っています(男装)。)
 
なので、髪型等は当時のものとは違う可能性があります。
 
衣装を写し取ることがメインなので手の先など身体の一部を省略していたりもします。
 
ちなみに、これは18世紀ドイツ貴族男性が身につけていたアビ・ア・ラ・フランセーズ(=フランス風“アビ”)のようです。
 
元にした絵が白黒印刷だったり小さかったりで、細部がよく分からなくてあやふやな感じになっている部分が多々あります…。
 
(上着に付いているモノが紋章なのか装飾なのかもよく分からなかったり…。)
 
過去に実在していたファッションを自分の絵で描き起こしてみるのは、衣装デザインバリエーションが増えますし、いろいろ勉強になりますので、時間がある方にはオススメです。

 



西洋服飾史(ファッション・ヒストリー)ラクガキ資料メモ一覧

2020年5月13日 (水)

ラクガキ|泉に浸るリンネル

以前SSブログにプロローグだけ載せたファンタジー戦記もの「シャークスキン王国奪還記(仮)」ヒロインリンネルのラクガキです。

Linnelinthewater


 
学生時代にノートの余白にシャーペンで描いたものをスキャニングして主線に色をつけています。
 
(なので一部ノートの罫線が残ってしまっている部分があります。)
 
今回は新しいテクニックの試行錯誤のため、主線の色の付け方にちょっと工夫を凝らしてみました。
 
関連記事>スキャンした絵から主線だけ取り出す方法(Photoshopの使い方)

2020年5月 7日 (木)

落書資料メモ|近代ヨーロッパ女性衣装(20世紀・蜂の腰スタイル・Sカーブシルエット)

ファッションの歴史」という本に載っていたヨーロッパ女性の衣装を自キャラに着せてラクガキしてみた資料メモです。

Hachinokoshistylefasshion

(図書館で借りた本なので返さなければいけないわけですが、後学のために資料は取っておきたい――でもコピーするにはお金がかかる、ということで、ラクガキ帳に本に載っていた衣装をラフスケッチしていったモノの1つです。)
 
本に載っていたものをそのまま写すのではツマラナイので、自分の創ったキャラクターに衣装を着せてラクガキしています。
 
なので、髪型等は当時のものとは違う可能性があります。
 
衣装を写し取ることがメインなので手の先など身体の一部を省略していたりもします。
 
ちなみに、これは1900年代の女性衣装(蜂の腰スタイル)です。
 
Sカーブシルエットはバストとヒップを大きく見せ、ウエストは絞るという、現代で言うところのボンキュッボンなスタイルのようですが、自分の画力では上手く身体のメリハリを表現できていません…。

 



西洋服飾史(ファッション・ヒストリー)ラクガキ資料メモ一覧

2020年5月 1日 (金)

ラクガキ|風の聖女・衣装設定

前回UPした「風の聖女」の衣装設定ラクガキです。

Windladysetttei
Windlady2

自分はキャラクターデザインをする時に、よくこうやって「この衣装はどうやって脱ぎ着するのか」「この衣装をバラすとどういう風になっているのか」ということまで考えるのが好きです。
 
普通の学校のノートに描いたラクガキのため、ノートの罫線が残ってしまっていてスミマセン…💧


« 2020年4月 | トップページ | 2020年6月 »

無料ブログはココログ
2024年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

ブログパーツ

  • おまとめボタン