« 落書資料メモ|近世ヨーロッパ男性衣装(17世紀ジュストコル) | トップページ | イラスト|ポニーテール+ジャケット+白フリル+ミニスカ »

2020年4月 8日 (水)

スキャンした絵から主線だけ取り出す方法(Photoshopの使い方)

自分はイラスト制作Photoshopを使っています(と言うよりソレしか持っていません)。
 
Photoshopは「レイヤー」がありますので色塗りをするのに便利なのですが、スキャナで取り込んだ絵から主線だけを取り出して別レイヤーにすることができれば、さらに便利になります。
 
なぜなら「主線の上から」色を塗ると、せっかくの線が消えてしまいますが、

Girl05test

「主線だけを取り出したレイヤー」を全レイヤーの「一番上」に置いておけば、その下にどれだけ色を塗り重ねようと線は消えないからです。

Girl05test2

…というわけで、自分が普段からやっている方法をカンタンにまとめていきます。
(独学で編みだしたものなので、実はもっと便利な方法があるかも分かりませんが…)
 
まず、イラストをスキャナで読み込みます。

Girl05

(今回は普通のノートに描いたラクガキです。家にスキャナが無い方はコンビニのコピー機スキャニング機能が付いていることもあるので、チェックしてみると良いです。)
 
スキャニングしたばかりの状態だと、色も全体的に暗いですし、ノートの罫線裏側のラクガキが写り込んでしまっていたりします。
 
これを、まずは上のツールバーの「イメージ」→「色調補正」→「明るさ・コントラスト」で調節していきます。
 
(自分のPhotoshopはバージョンが古い気がするので、現在のバージョンだと多少違っているかも知れません…。)
 
「明るさ」と「コントラスト」のバーをそれぞれ右へスライドさせ、全体を明るく、線がくっきりするように調整します。

Girl052

すると、ノートの罫線や裏写りも消えて主線がハッキリしてきます。
 
(ただし、元々罫線が濃くハッキリしたものだと、どれだけ調節してもノートの線が消えないので、なるべく「らくがき帳」などの白紙のノート罫線の薄いノートを使うことをオススメします。)
 
この状態になったら、自動選択ツールで適当に余白の白い部分を選択→選択した部分を消去(デリート)します。
 
(デリートすると線が見づらくなるので、あらかじめ下に白紙のレイヤーを用意しておくと見やすいです。)
 
これだけでも一応、線が取り出せてはいるのですが、細かい色ムラなどがあったりしますので、さらに一手間加えます。
 
まずは主線を取り出したレイヤーの「透明ピクセルをロック」→好きな色を選択して「描画色で塗りつぶし」します。

Girl053

これで「主線だけを取り出したレイヤー」が完成します。
 
自分の場合は、ここからさらに「主線だけを取り出したレイヤー」をコピーし、「フィルタ」→「ぼかし」を加えることで、線画だけのイラストを“ちょっとイイ雰囲気(?)”にするのが好きです。

Girl05final

(ぼかしを入れる際には「透明ピクセルのロック」を外さないと、ちゃんとぼかせませんので、ご注意を。)

« 落書資料メモ|近世ヨーロッパ男性衣装(17世紀ジュストコル) | トップページ | イラスト|ポニーテール+ジャケット+白フリル+ミニスカ »

イラスト・ラクガキ」カテゴリの記事

オリジナル・女の子」カテゴリの記事

イラスト制作」カテゴリの記事

無料ブログはココログ
2024年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

ブログパーツ

  • おまとめボタン