« 2018年9月 | トップページ | 2018年11月 »

2018年10月

2018年10月30日 (火)

高校時代に練っていた物語のヒロイン

主に高校時代に練っていた小説設定(仮タイトル:シャークスキン王国奪還記)のヒロイン・リンネルです。
 
 
Linnelfirst
(左は普段着。右は“礼装”のようなフォーマルな衣裳)
 
とある王国が帝国の侵略により滅亡し、その生き残りたちが国を奪還すべく、隠れ里で密かに隠密行動をとっている…というファンタジー戦記物でした。
 
ヒロインは王国滅亡時には赤子だった少女で、隠れ里で隠密工作員のひとりとして育てられているが実は……という。
 
イメージ的には「服装や生活スタイルは西洋風(ファンタジー風)だけど、アクション的には忍者」でした。
 
なので、時々ヒロインが手にクナイっぽいモノを持っていたりします。
 
Linnel2
 
この頃は「描くたびに絵のタッチが変わる病」の真っ最中だったので(今もそうですが…)、描くたびにヒロインの顔が違います…(;´д`)トホホ…
 
そして衣裳デザインがいろいろナゾなのも相変わらず…。

2018年10月24日 (水)

ドラゴン少女・普段着スタイル

たぶん、中学か高校の頃に描いたラクガキです。
 
Dragongirllushena
 
当時設定として創っていた「実はドラゴンだけど人間形態にもなれる」少女の、人間界に紛れ込む際の普段着スタイルです。
 
(ドラゴンはドラゴンでも、この少女はウロコの生えたドラゴンではなく、フワフワした体毛に覆われたタイプのドラゴンです。←当時よく読んでいたラノベ「フォーチュン・クエスト」の「シロちゃん」の影響が出ているものと思われます。
 
耳は人間形態になってもドラゴンの時のままなので、帽子をかぶって誤魔化すという設定でした。
 
スカートっぽい部分は左右にパカッと開くようになっていますが、下にレギンススパッツっぽい見られても大丈夫なモノを穿いています。
 

2018年10月18日 (木)

花夜・アイディアスケッチいろいろ

ファンタジー小説サイト「言ノ葉ノ森」に掲載している和風ファンタジー小説「花咲く夜に君の名を呼ぶ」のヒロイン・花夜(かや)のアイディア・スケッチです。
 
本決まりの設定になるまで、髪型やら衣裳の細部やらが二転三転しています…。
 
Photo
 
Photo_2
 
上の2つは、衣裳モデルにした埴輪の髪型を(できるだけ)忠実に再現したパターンです。
 
はにわ頭頂部のリボンっぽい部分を「ちょうちょ結びの髪紐」と解釈するか「髪の毛をマゲに結ったもの」と解釈するかによって2つのパターンに分かれています。
 
 
これは、いっそのこと「おだんごヘアー」にしてみたもの。
Photo_3

2018年10月12日 (金)

三つ編み少女・ピンクハウス風?

大学時代、授業を聴きながらノートの端っこにしていたラクガキの一部です。
 
Akazukinimage
 
何となく「赤ずきん」なイメージで描き始めたはずなのに、全然「ずきん」をかぶっていません…。
 
(手に持ったバスケットにかろうじて「赤ずきん」っぽい名残りはありますが…。)
 
大学時代のノートを見返してみると、授業によっては、わりとラクガキばっかりだったりします…。
 
あと、中国語の授業で見せてもらった京劇(のビデオ)の衣裳デザインをものすっごくスケッチしていたりとか…。
 

2018年10月 8日 (月)

ヤトノカミ衣裳デザイン用デフォルメ画

和風ファンタジー小説「花咲く夜に君の名を呼ぶ」の登場キャラクター「ヤトノカミ(夜刀神)」の衣裳(と言うかキャラクター自体の)デザイン用に描いたデフォルメ画です。
Photo_2
 
(この小説のキャラクターというか、元々は常陸国風土記に出て来る神様ですが…。)
 
常陸国風土記では夜刀神が「たくさんいた」というような記述があるのですが、小説ではヤトノカミ自体は一柱の神様で、その眷属である神使の白蛇が「たくさんいる」設定にアレンジしています。
 
(なので、デフォルメ・キャラの腕にも白蛇さんを絡みつかせています。)
 
衣裳は古代の埴輪の衣裳のアレンジ+日本神話の神様っぽく、ゆったりした上着&倭文模様の帯でデザインしています。
 
それと、小説独自の設定として、大刀が深く関わってくるため、その大刀と共通したデザインとして龍の模様と紅琉璃の頸飾りを取り入れています。
 
イケメンを描くのは苦手なので、男性キャラはデフォルメ・イラストしかありません……。

2018年10月 2日 (火)

リィサ姫 没設定ラフ・イラスト

異世界召喚ラブコメ小説「ブラックホール・プリンセス」サブ・ヒロイン(?)リィサ姫の没設定ラフ・スケッチです。
Photo
 
現在の設定より年齢層高めで、現在よりも服装がゴスロリちっく(?)です。
 
脇にアップで描いている竜が羽根を広げた形の十字架は、当初の設定でこの世界の信仰のシンボルにしようとしていた竜十字(ドラゴン・クロス)です。
 
現在の設定ではその信仰自体がなくなっています。

« 2018年9月 | トップページ | 2018年11月 »

無料ブログはココログ
2018年12月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31