« 2018年8月 | トップページ | 2018年10月 »

2018年9月

2018年9月26日 (水)

「夢の降る島」旧設定コスチューム・デザイン

児童文学風ファンタジー小説「夢の降る島」の旧設定版のメイン・キャラクター衣裳デザインです。
Cosutumedesign
 
上にあるのが、おそろいのローブの基本形(各自これをアレンジして着こなしています)。
 
その下の各キャラクターの格好が、ローブの下のアンダー・ウェア、キャラクターの横にあるのがそれぞれにデザインの違う各人のです。
 
(杖の上にある画は、杖を真上から見た時の図(?)です。)
 
 
旧アメイシャと旧アプリコットはロングヘアをローブ着用時のみ、まとめ髪にしています。
 
コスチュームをデザインするためだけのラクガキのため、キャラはデフォルメ化されています。

2018年9月22日 (土)

ラクガキ・迦陵頻伽

迦陵頻伽かりょうびんが)とは、人の頭(上半身?)に鳥の身体の想像上の生き物のことですが、マンガ等にもオマージュされて出て来ていたりして、個人的にお気に入りのモチーフで、いくつかラクガキしていたりします。
 
Karyoubinga1
 
ラクガキとしては、リアルに人頭・鳥身の迦陵頻伽ではなく、もうちょっと擬人化した感じの「鳥+乙女」なイメージで描いています。
 
Karyoubinga2(ノートにラクガキしたものなので、罫線が残ってしまっています。スミマセン…。)
 

2018年9月 9日 (日)

花夜(大人Ver)・旧設定イメージラフ

小説サイト「言ノ葉ノ森」に掲載している和風ファンタジー小説「花咲く夜に君の名を呼ぶ」ヒロイン花夜の設定をふくらませるために描いたイメージ・ラフスケッチです。
Heroinekaya
 
小説を読了された方ならお分かりいただける終盤の例のイメージです。
 
髪型等は現在の設定と異なります。
 
あくまでイメージをふくらませる用で、花の資料を見ずアバウトに描いているので、挿頭花比礼などはあまりちゃんと描いていません…。

2018年9月 3日 (月)

水波女神・設定用イメージラフ

オリジナルWeb小説サイト「言ノ葉ノ森」に掲載している和風ファンタジー小説「花咲く夜に君の名を呼ぶ」の登場人物(←人というか女神ですが…)・水波女神(ミヅハノメノカミ。愛称:ミヅハ様)の設定用イメージ・ラフスケッチです。
Photo
 
 
古事記等にも出てくる水の女神を元にしたキャラクターですが、容姿等については全くのオリジナル…と言うか、実は実在の埴輪の衣裳を参考に描いています。
 
現在、群馬HANI-1グランプリ(2018年9月17日まで投票受付中。WEB投票は1日1票です。)にエントリーもされている(エントリーNo.9)三人童女」(高崎市観音山古墳から出土)がソレなのですが、自分は上野の博物館に展示されていたものを参考にキャラデザしたので、今回HANI-1グランプリにエントリーされている写真を見て「アッレェ~?この埴輪って、こんなんだったっけ?」という感じになっています。
 
(頭部の造りなどが若干違ってきているような……)
 
参考にした部分は主に胸元のちょうちょ結びの紐と、頭部の形状です。
 
頭部については「これ、デフォルメとかじゃなくてリアルに全部髪の毛で表現しようとしたらどうなるんかな…」と大胆に解釈してみました。
 
(上野の博物館に展示してあったものは、帽子のつばみたいな部分が前後でつながっていたのです。群馬の方の写真だと切れているように見えるのですが…。あと、モミアゲが長いのは埴輪には無いオリジナル表現です。)
 
衣裳は、水の女神ということで、澄んだ水のようなシースルーのヒラヒラ・ワンピの上に、透けていない水色の布をインドのサリー状に巻きつけている、というデザインです。
 
さらに水の女神らしく、アクセサリー類は水の珠をイメージした虹色の丸玉です。
 
初期設定では、幼女の外見に合わせて性格も無邪気な幼女だったので、デフォルメ画にはその辺りの設定が影響しています。
Photo_2
 

« 2018年8月 | トップページ | 2018年10月 »

無料ブログはココログ
2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31