このブログについて。

このブログは主に管理人・津籠 睦月のラクガキを載せるためのブログです。
 
普段はネット小説をよく書いていて、イラストはあまり描かないのですが、
小説の設定を作る際、イメージを固めるためにラクガキをすることはよくあります。
  
そんな小説用のラクガキや設定、裏話や、小説の資料調べで見つけたトリビア等々を載せていく予定です。
 
小説はほとんどファンタジーばかりなので、ラクガキもファンタジー寄りなものが多いです。
 
画力がへっぽこなのでアレですが、生ぬる~い目で見ていただくか、スルーしていただければ幸いです(^-^;
 
あと、大事なことなのでいつも書いているのですが、著作権は放棄していませんのでよろしくお願いします。
 
(こんなへっぽこなラクガキや設定を転載したり盗作する人なんていないとは思うのですが、念のため。)
 
これらのラクガキ設定を元にして書いたネット小説などが載っている管理人ホームページはコチラ。
このブログの記事(イラスト)一覧をまとめた「サイトマップ」はこちら。
    ↓
 
ちなみに管理人の作画環境は、
 
親所有のスキャナ機能付きプリンターで親の居ぬ間にこっそりスキャニング、
 
画像加工は親のお古のペンタブレットに一緒についていたフォトショップ・エレメント
 
(ペンタブ自体は既にボロボロな上、反応が悪過ぎて使いものにならないため返してしまいました)という感じです。
 
参加ブログ・ランキングはこちら。
    ↓

       
      

 

2020年2月23日 (日)

ブラックホール・プリンセス関連設定用ラフスケッチ(民族衣装)

異世界召喚ファンタジー小説「ブラックホール・プリンセス」世界観設定をふくらませるために描いたラクガキのひとつです。

Windkingdomprincess

まだ小説本編には登場していない山岳国家民族衣装のイメージです。
 
こういう服装小物などの細々したものをラクガキして思考錯誤しながら設定の細部をつめていくことが結構あります。
 
着ているのは、以前このブログにも載せた「ブラックホール・プリンセスに今後出るかも知れない男女双子」のうちの姉の方です。

2020年2月17日 (月)

ラクガキ|リンネル幼女時代

以前SSブログにプロローグだけ載せたファンタジー戦記もの「シャークスキン王国奪還記(仮)」ヒロインリンネル幼女時代をイメージして描いたラクガキです。

Linnelchildhood


額の紋章は力が覚醒した14歳以降でしか浮かび上がらないものなので、本来この年頃のリンネルには無いものなのですが…。
 
昔の絵ですが、この頃の絵は何となくメチャクチャ少女マンガの影響を受けてるっぽいですね…。
 
(瞳の描き方とか、特に…。)

2020年2月11日 (火)

ラクガキ|風乙女

特にハッキリした物語設定があるわけでもなく、ボンヤリしたイメージのみで描いたラクガキです。

Kazeotome

何となく「を司る巫女」的なイメージで、シンプルワンピースと、紐にビーズを通しただけのネックレスと長い髪を風になびかせているイメージです。
 
(こういう、何かが風になびいている感じとか、動きのある絵がなんとなく好きです。)
 
中央アジアヨーロッパの山岳地帯あたりをイメージしているような、そうでもないような…。
 
ノートにシャーペンで描いたラクガキのため、ノートの罫線が残ってしまっています…。

2020年2月 5日 (水)

ラクガキ|マイカ&アズライト(魔法巫女エデン)

小説サイト「言ノ葉ノ森」で連載している魔法少女小説「魔法の操獣巫女エデン」で、ヒロインの家で働く、実は正体が××××なふたりの設定用ラフ・スケッチです。

(上からマイカ、アズライト。)

Mica
Azlite

物語アイディアをふくらますためのラクガキですが、挿絵を入れる予定はないので、あくまでデザインです。)
 
元々男性キャラは苦手ですが、このふたりもあまりイメージ通りには描けていません。
 
マイカは儚げというよりも穏やかで優しく慈愛に満ちたイメージなのですが、何だか哀しげな表情になってしまったような…。
 
アズライトは、できれば「もっとチャラく」したいです…。
 
この絵だと色がついていないので分かりませんが、きっとアズライトの頭髪はメッシュなどが入って色も派手なはず…。

2020年1月30日 (木)

ラクガキ|ロングヘアの少女

 
学生時代に描いたラクガキです。

Tokiwamidorihime

ファンタジー小説ヒロインとして考えていたキャラですが、あまりちゃんと設定を練っていないので、小説の方は今後も出せないかと…。)
 
昔描いたものなので絵柄が古いですが、髪の毛の描き方と勝ち気そうな表情はビミョウに気に入っています。


2020年1月22日 (水)

ラクガキ|夢の降る島関連・殴り描き

児童文学風ファンタジー小説「夢の降る島」のキャラをノートの片隅や学校のプリントにラクガキしていったものを集めたものです。
 
小説を書き始める際、キャラクターイメージを固めるために、とにかく試行錯誤してラクガキしてみる、ということをよくやります。
 
「ああでもない、こうでもない」と「描いては消し、描いては消し」してきたものですので、本当に「ラクガキ」「殴り描き」と言った感じで、あまりちゃんと描いていないのですが…

Megamiflare
Fig
 

Vannilarakugaki1

 
上からフレア、フィグ、ヴァニラ(ラウラ旧設定)のラクガキです。
 
フィグはこれが本決まりのキャラデザというわけでもなく、思考錯誤の一環です。
 
(まぁ、挿絵を入れないので、本決まりも何もない話ではあるのですが。)
 
フレアは本編の「ソメイヨシノ」のドレスのイメージを重ねて儚げな感じで描いていますが、実際はもっと気性の激しい性格をしています。
 
ヴァニラは…相当昔のものなので絵が古い上に、描いた紙も劣化していたのでPCに上手く取り込めずノイズっぽいのが出てしまっています。

2020年1月19日 (日)

落書資料メモ|近代ヨーロッパ女性衣装(19世紀バッスル・スタイル)

ファッションの歴史」という本に載っていた女性衣装を自キャラに着せてラクガキしてみた資料メモです。

Bustlestyledress


 
(図書館で借りた本なので返さなければいけないわけですが、後学のために資料は取っておきたい――でもコピーするにはお金がかかる、ということで、ラクガキ帳に本に載っていた衣装をラフスケッチしていったモノの1つです。)
 
本に載っていたものをそのまま写すのではツマラナイので、自分の創ったキャラクターに衣装を着せてラクガキしています。
 
なので、髪型等は当時のものとは違います。
 
ちなみに、これは19世紀に流行したバッスル・スタイルドレスです。
 
スカート後ろ側が特徴的なドレスのスタイルですね。
 
立体ではなく平面の絵からの模写だと、イマイチどういう構造になっているのか分からず、描き写すのも大変です…。
 
おまけに管理人の画力が無いせいで何が何だか分からない絵になってしまっているかも知れません。スミマセン…。

2020年1月13日 (月)

ラクガキ|風の巫

和風ファンタジー小説「花咲く夜に君の名を呼ぶ」と同じ世界観で設定している、風神を鎮守神に持つ「斎風(イセ)」連合の巫です。

Windshaman

(まだボンヤリした設定が頭の中にあるだけで、小説などは書いていません。)
 
まだ巫女なのか、男巫なのかも決まっていませんが、とりあえず中性的なイメージで描いています。

衣裳は“風の巫”なので、ヒラヒラと風にそよぐ部分が多い感じでデザインしています。

名前は、まだ仮ですが、一応「志摩」。
 
斎風の物語に出て来るキャラクターは、三重県周辺の地名から取る予定になっています。
 
個人的にはすごく書きたい物語ではあるのですが、公に発表できるレベルのモノとして書くには難易度の高い物語かも知れません…。
 

2020年1月 7日 (火)

落書資料メモ|古代ギリシャ女性衣装(ペプロス)

ファッションの歴史」という本に載っていた女性衣装を自キャラに着せてラクガキしてみた資料メモです。

Greekfasshionbd


(図書館で借りた本なので返さなければいけないわけですが、後学のために資料は取っておきたい――でもコピーするにはお金がかかる、ということで、ラクガキ帳に本に載っていた衣装をラフスケッチしていったモノの1つです。)
 
本に載っていたものをそのまま写すのではツマラナイので、自分の創ったキャラクターに衣装を着せてラクガキしています。
 
(耳がエルフ風にとがっているのはそのためです。)
 
なので、髪型等も当時のものとは違う可能性があります。
 
ちなみに、これは紀元前ギリシャで主にドーリア人女性に着用されていた衣装・ペプロス(peplos)です。
 
服の襞など、自分の画力では上手く表現できていないかも知れません。スミマセン…。

2020年1月 1日 (水)

ラクガキ|夏高津日神アイディアふくらまし用ラクガキ

SSブログの方に少しだけ載せた「若殿と幼馴染と鎮守神の和風ファンタジー・ラブコメ小説」(タイトル未定の和風ファンタジー)に登場する夏高津日神ナツタカツヒノカミ童神バージョンのアイディアふくらまし用のラクガキです。
 
(本格的に設定を作り始める前にラクガキで外見設定をどうするか試行錯誤するのです。)

Natsutakatsuhi


 
「夏の高い日射し」を司る神様ということで、着物は夏空模様で夏の葉っぱをイメージしたタスキなどを着用しています。
 
(「夏高津日神」は古事記にも登場する神様ですが、小説用に設定をアレンジしています。)
 
夏の季節以外は男童姿という設定にしたので、衣装もわざと子どもっぽくデザインしています。
 
ラクガキ帳にちょこっと描いただけのラクガキだったのですが、今回はフォトショでちょっとだけ彩色してみました。
 
(ペンタブが無いためノートPCのパッドで指でぐりぐり塗りです…。)

«ラクガキ|和風プリンセス

無料ブログはココログ
2020年2月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29